12月10日(木) | TENAMUビル2F 交流スペース

【満員御礼】小林市民大学 健康学部 「冬をのりきる為のハーブ活用術」

※こちらのイベントは好評につき、定員に達しました。現在応募を終了しております。 これから来る寒い季節は病気や体の不調が気になるもの。そんな時期をのりきる為にハーブを活用してみませんか?
お申し込みの受付は終了しました。
【満員御礼】小林市民大学 健康学部 「冬をのりきる為のハーブ活用術」

日時・場所

2020年12月10日 18:30 – 20:30
TENAMUビル2F 交流スペース, 日本、〒886-0004 宮崎県小林市細野1897

イベントについて

日時

12月10日(木)18:30~20:30

紹介文

これから来る寒い季節は病気や体の不調が気になるもの。そんな時期をのりきる為にハーブを活用してみませんか?

ハーブはその種類によって様々な効能を持っています。活用方法もハーブティーにして飲む、コスメにするなど様々。今回はハーブ生産者であり、活用方法のプロであるのじりハーブクラブさんに教えていただきます。

ハーブについての講義だけでなく、効能を聞きながらのハーブティー試飲会や自分の好みに合ったブレンドを見つけるためのワークショップなど、体感しながら学ぶことができます。

ハーブ好きな方も、今まであまり触れたことのなかった方も、楽しくハーブを学びましょう!

こんな人にオススメ!!

・冬に体調を崩しやすい方

・ハーブに興味のある方

・健康なからだ作りをしたい方

定員

10名(小林市民大学 健康学部への入学が必要です:入学費500円)

材料費

500円(受講費別)

のじりハーブクラブ プロフィール

小林市野尻町でハーブの生産を行っている生産者グループ。のじりブランドハーブティーの原材料供給だけでなく、オリジナルハーブティーの開発も行っている。また、行政と連携して野尻町のハーブを活用したまちづくりにも取り組んでいる

このイベントをシェア