7月09日(金) | TENAMUビル2F 交流スペース

小林市民大学 健康学部 7月 「正しい知識を身につけて、熱中症からカラダを守ろう」

地球温暖化により、近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症についてや効果的な対策、また新たな情報として「プレクーリング」についてもお話しいたします。 ■定員:14名 ■受講費:300円
お申し込みの受付は終了しました。
小林市民大学 健康学部 7月 「正しい知識を身につけて、熱中症からカラダを守ろう」

日時・場所

7月09日 18:30 – 20:00
TENAMUビル2F 交流スペース, 日本、〒886-0004 宮崎県小林市細野1897

イベントについて

日時

7/9(金) 18:30~20:00

紹介文

地球温暖化により、近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症についてや効果的な対策、また新たな情報として「プレクーリング」についてもお話しいたします。

【講座内容(予定)】

・熱中症について知ろう

・効果的な熱中症対策について

・熱中症対策の新たなアプローチ 『プレクーリング』について

■こんな人にオススメ!!

・お仕事やスポーツなどで、屋外や暑い環境での活動が多い方

・高齢者の方、または身近に高齢者がいらっしゃる方

・乳幼児のお子さまがいらっしゃる方

・スポーツ活動や部活動に取組むお子さまがいらっしゃる方

■定員:14名

■受講費:300円

講師 プロフィール

神田 悠司(かんだ ゆうじ)

京都市出身。大塚製薬㈱ニュートラシューティカルズ事業部に所属。健康管理士一般指導員・建設業等における熱中症予防指導員を取得。現在はソーシャルヘルス・リレーション担当として、自治体との協働事業の促進や、地域の皆様の健康づくりの活動を中心に取組みを行っています。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア